にきびの種類は?? -にきび治療@完全ガイド-



にきびの種類は??


  一言ににきびといっても、その症状でいろいろの種類が
  あります。治療法も異なりますので、種類についても
  把握しておきましょう。


  @白にきび
   これは、毛穴が閉じている状態のにきびで、皮脂が内部に
   たまっているものです。肌の表面に白いにきびがポツンと
   盛り上がって見えています。

  A黒にきび
   こちらは、毛穴が開いている状態のにきびで、内部には、
   皮脂や老廃物、さらに古い角質までもが混ざり合って、
   汚れがたまっています。酸化しているので、黒く見えます。

  B赤にきび
   さらににきびが悪化した場合、毛穴に詰まっている皮脂
   の部分でアクネ菌やブドウ球菌が繁殖してしまいます。
   皮膚に炎症が起きてしまうので、肌の表面が赤くはれて
   いますし、中央に白い芯が見えるものです。

  C膿胞(のうほう)
   この赤にきびがさらに悪化すると膿を持ってしまいます。
   そして皮脂と膿が皮脂腺を突き破って、真皮膚や皮下組織
   にまでダメージを与えております。
   つまりは、皮膚の下では皮脂や膿が移動しているので、
   炎症が広範囲となって、治療後もにきび痕が残る心配が
   あるものです。赤みが残ったり、皮膚の陥没や皮膚の
   隆起歯出来るだけ避けたいですね。


  以上、にきび発生の初期から段階を経ての種類わけを
  しました。にきびは軽症のうちであればきれいに治るの
  ですが、膿疱にまで進んだ場合は、真皮膚や皮下組織まで
  及んだ場合の治療は大変です。にきび跡をを起こしやす
  いし、皮膚の盛り上がりや色素沈着が起きる場合もあります。
  あなたのにきびは今どの状態でしょうか?
  それをまずは確認してみましょう。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 対策@-肌を清潔に-
   ★ 治療法@ -東大式トレチノイン外用療法-
   ★ 治療法B -レーザーフェイシャルと内服薬-
   ★ 対策の疑問いろいろ?!